原木キコネのメンズ限定白髪染めトリートメントおすすめサイト

原木キコネのメンズ限定白髪染めトリートメントおすすめサイト

MENU

男の白髪はおしゃれなのか

白髪というと、以前は染めて少しでも黒髪を増やし、若々しく見せることに躍起になっていた男性が多かったのですが、最近はこの白髪をいかにナチュラルに見せて、ダンディーな男を演じるか。
これに重きが置かれているようです。
テレビを観ていると、多くの俳優はナチュラル白髪のままドラマに出ている姿を見かけるようになりました。
バラエティでも、白髪の芸能人はいるものです。
白髪は、いい男のステータスになってきているようです。

 

 

白髪がカッコイイ有名人

いくら白髪がカッコイイと聞いても、名前を出してみないことにはピンと来ないことでしょうから、何人か、個人的に白髪が似合うなと思う芸能人(有名人)を挙げてみることにします。

 

  • イチロー
  •  

  • 吉川晃司
  •  

  • 渡部篤郎
  •  

  • 坂本龍一
  •  

  • 三浦和良

 

 

どうでしょう。
テレビの会見や、ドラマのワンシーンで見たことがあるのではないでしょうか。
40代でも早い人は結構白髪が目立ちます。
50代になると、かなり白髪の量が増え、60代になると初老のイメージともなる白髪。
しかし、その白髪を敢えてナチュラルに見せることで、より一層かっこよさが増して男らしく見えるのがこの方たちの特徴です。

 

 

 

白髪をおしゃれに見せるポイント

白髪が生えているからといって、全ての男性がカッコイイわけではありません。
半数以上は、正直だらしながなく、なんだかみすぼらしく見えてしまうことでしょう。
実は、この分かれ道には大きなポイントがあります。
そのポイントは、「短髪」であること。

 

 

お洒落な白髪男を目指すなら、短髪になる!

お洒落な白髪男を目指すのであれば、まずは短髪が大事です。
坂本龍一さんのように長髪でも似合う人はいますが、これはごく一部の人だけ。
我々がダンディな男を目指すからには、短髪になるのが一番簡単です。
そして、伸びたらすぐにカットするのが大事。
要するに、短髪をずっと維持し続けることですね。
これが、今までのように3ヶ月に一度美容院に通う頻度のままですと、どうしても不潔に見えてしまいます。
できる限り清潔感を保つことも重要です。

 

 

髪だけでなく、眉や鼻毛のカットも忘れずに

これ、非常に大事です。
眉が整うと、やっぱり見た目の印象が変わります。
また、どんなに清潔感溢れるダンディな男でも、鼻毛が出ていては話になりません。
若くても、老いてもこれは変わらない法則なのですな。

 

 

ファンションから力を抜かない

お洒落な白髪男は、ファッションセンスも重要です。
いくら髪型が決まっていても、ヨレヨレのシャツにダボダボのパンツでは、意味がありません。
清潔感のあるYシャツやポロシャツに、チノパンなど、気遣いも必要ということですね。
また、柄物は難しいので、できれば薄めのモノトーンのシャツを選択するとよいです。
清潔感もお洒落ポイントの一つだということを忘れずに。

 

 

お洒落な白髪男の話をしましたが、白髪を目立たなくさせたいと思う人もまだまだ多いので。もう少し謙ってお伝えしていきます。

男の白髪の原因

白髪がお洒落とはいえ、白髪が似合う人と似合わない人がいるものです。
鏡を見た時に、白髪姿の自分にハッとした経験をお持ちの人は、恐らく白髪に抵抗があるのではないでしょうか。
僕も、白髪が似合わないので、白髪が生えると、ともかく急いで隠します。
短髪にしたこともありますが、なんだかやっぱり似合わない・・・。
ただのみすぼらしい人になってしまうのです。

 

 

男の白髪 その原因

白髪になるには、原因があるはず。
そこで、男の白髪の原因を探ってみることにしました。
まず、結果から先にお伝えしましょう。

 

 

  • 遺伝
  •  

  • 加齢
  •  

  • ストレス
  •  

  • 病気やホルモンバランスの乱れ
  •  

  • 栄養不足
  •  

  • 生活習慣の乱れ

 

ざっくり分けるとこんな感じでしょうか。
一つずつ見ていきましょう。

 

 

遺伝

実は、白髪の原因で一番確立が高いのが、遺伝なのです。
髪の毛にはもともと色はついていませんが、黒を作るメラニン色素が髪に送られることで、髪の毛は黒になるのです。
このメラニン色素が何らかの原因により、髪に送られることがなくなってしまうと、白髪になるのです。

 

加齢

加齢でいうと、40代ともなれば、男性の80%は白髪が発生しているようです。
50代になると、約9割の人が白髪が出ているのですね。
これは、細胞の老化により、メラニン色素を作り出すメラノサイトの活動が低下することが原因とされます。

 

 

ストレス

人は、一夜にして白髪になり得る・・・。
こんな怖い体験はしたくありませんよね。
ストレスは、活性酸素を発生させてしまうので、メラノサイトの活動を妨害します。
白髪にならないためにも、ストレスを溜めないよう気をつけましょう。

 

 

病気やホルモンバランスの乱れ

何らからの病気にかかっている時や、ホルモンバランスが乱れて体の機能が正常に働かない時、髪に栄養が行き届かなくなり、白髪になることがあります。
栄養は十分に足りているはずなのに、白髪が増え続ける場合や、体の調子がおかしい時は、人間ドッグや内科で受診してもらいましょう。

 

 

栄養不足

銅や亜鉛、ビタミンB12の不足により、白髪が増えることがあります。
レバーやイカなどミネラル豊富な食べ物でしっかり摂取していきましょう。
ただし、ミネラルは摂りすぎ注意です。

 

 

生活習慣の乱れ

喫煙者の場合メラノサイトの活性化に必要なビタミンB12や白髪の原因になる過酸化水素を分解する役割があるビタミンCを破壊させてしまうので、白髪が増える傾向にあります。
また、睡眠不足も髪に十分な栄養が行き渡らなくなりますので、要注意です。

 

 

男の白髪も、女の白髪も白髪は白髪です。
どちらも、遺伝によるところが一番大きいので、両親のどちらかが早くに白髪が生えていたり、50代60代でほぼ真っ白だったという場合には、自分もそうなるかもしれません。
しかし、ストレスや十分な栄養などで補える部分もありますので、できる限り対策はしていきましょう。

メンズ用の白髪染め

男の白髪染めというと、何を思い浮かべるでしょうか。
有名どころで、ビゲンを思いつく人もたくさんいるでしょう。
しかし、時代の流れとともに、急速におしゃれは進化しています。
女性はもちろんのこと、男性も美容系グッズがはやる時代に突入しているのですからね。
といっても、20代の若い男ならまだしも、40代、50代ともなると、今からおしゃれを決め込むのもなかなか躊躇ってしまうところでしょう。
しかし、白髪染めについては、できれば今の時代で流行っているものを使用した方が、頭皮や髪を傷めずに済みます。

 

メンズ用白髪染め

まずは、自宅で簡単に染められる男性用の白髪染めアイテムを紹介しましょう。

 

メンズビゲン カラーリンス

こちらは、白髪用のヘアカラーリンスです。
一度でしっかり染まることはありませんが、刺激が少なく、誰でも気軽に始められます。

 

 

メンズビゲン ワンプッシュ

定番中の定番。
白髪を5分という短時間で早染めできるクリームタイプのカラーリング剤です。

 

 

スカルプD ヘアカラーコンディショナー

流行りのヘアカラーコンディショナータイプ。
風呂場で気軽にできる白髪染めのため、人気が高いのですが、1回の使用では白髪はまだまだ目立つ人が多いのが難点。
反面、頭皮への負担は少なくてすみます。

 

 

メンズビゲン ワンタッチカラー

ボトルとブラシが一体になっているので、髪をとかすようにして、片手で軽々と白髪染めを行うことができます。
無香料タイプなので、ニオイが苦手な男によいですね。

 

 

サロンドプロ 無香料ヘアカラーメンズスピーディー(白髪用)

これも名の知れた白髪染めアイテムです。
無香料で、短時間の5分放置で染められる白髪染めで、リピーターも多いアイテムです。

 

 

自然派clubサスティ 白髪用 利尻カラーシャンプー

知る人ぞ知る、白髪用カラーシャンプー。
髪を洗うだけで白髪を徐々に目立たなくするという優れものです。
無鉱油物であり、パラベンも入っていないので、安心して使用できます。

 

 

こうしてみると、様々なアイテムがあります。
男も美容の時代ですね。
以前は、白髪染めというと、カラーリング剤しかなかったのに、今はシャンプーやトリートメントまである。
これは、利用できることは利用した方がよいですね。
価格からみても、そう高いアイテムではありませんし、別に一生使い続けるかどうかも個人の判断ですから、物は試しに使ってみるといいかもしれません。
奥さんがいるなら、2人で共有して使用してみるのもいいですね。
シャンプーやトリートメントは、染まりにくいですが、頭皮への負担がグンと減りますから、他の心配ごとが増えないという点でもおすすめです。

メンズ白髪染めトリートメントについて

白髪染めは、今まで白かった髪が急に黒くなって、若づくりをしているようで不自然な気がするから、あまりやりたくない。
という意見を耳にします。
確かに、昨日までは白髪混じりの髪だったのに、翌日会ったら急に黒くなっていたら明らかに白髪染めをしたんだなとわかってしまう気はします。
また、頭皮への負担だけでなく、定期的に染めていないと、小汚く感じるようにもなりますから、財布への負担も大きいものです。
そこで、おすすめしたいのが、白髪染めトリートメントです。

 

 

白髪染めトリートメントとは

簡単に言うと、クリームや液剤を混ぜずに、手軽に染められて、地肌や髪にも優しい白髪染めです。
1回の使用で真っ黒やまっ茶色に染まるわけではなく、2回3回と使用を重ねるごとに少しずつ染まっていくので、不自然な感じがありません。
トリートメントなので、美容成分や育毛成分が配合された商品もあり、幾つかの効果が期待できます。

 

 

おすすめの白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメント、意外と種類が多くてどれを購入したらよいのか迷います。
そこで、個人的にこれだ!と思う商品をいくつかご紹介しましょう。

 

自然派clubサスティ 利尻ヘアカラートリトメント

だいぶ前から販売されているので、白髪染めトリートメントといったらコレ!という人も多いよう。
カラーはブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウンの4色。
無添加で髪にも頭皮にも優しいのがポイントです。
1本通常価格:3240円
初回限定キャンペーン:2160円

 

乾いた髪にも塗ることができるため、部屋でゆったり染めることもできますし、入浴中に短時間で染めることもできます。
入浴時の濡れた髪で染める時は、だいたい15分から20分の時間が必要なので、先に髪を洗って染めながら他の体を洗ったり、湯船にゆっくりつかったりして、のんびり過ごす余裕が必要です。

 

ルプルプ ヘアカラートリートメント

人気が高いトリートメントで、色づきと使用感がよいという口コミが多いのが特徴です。
タカラバイオとの共同開発による、Wフコダインでしっとりツヤツヤの髪を目指すことができると、どちらかというと女性に人気があります。
仕上がりが明るめになるため、明るさが苦手な場合は他のトリートメントの方がよいかもしれません。

 

カラーはソフトブラック・ダークブラウン・ブラウン・モカブラウンの4色。
通常価格:3000円(送料500円)
定期コース:3350円(送料込)、初回のみ1834円

 

 

スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

これも有名。
スカルプDといえば、「さあ立ち上がれ〜」のCMでお馴染みですね。
オーガニックオイル配合のオイルトリートメントということで、ツヤがでます。

 

色は、ナチュラルブラック・ダークブラウン・マロンブラウン・ローズブラウンの4色。
通常価格:2800円
定期コース:2380円

 

 

どれも、頭皮にも髪にも優しいトリートメントです。
仕上がりに差がありますが、個人的には最初はこのどれかならまず間違いないかなと思っております。
参考にしてみてください。

 

参考:白髪染めトリートメントランキング
参考:利尻ヘアカラートリートメント